法律条文110番−条文は簡単に読める

法律条文の読み方を教えます

法律条文は読みずらいですよね?でも、工夫次第では、簡単に読むことができます。法律条文の読み方を一緒に勉強しませんか?


税法条文が読みづらい?その感覚は正しいです。だって、条文集が悪いんですから。
読みやすい条文集はこちら カラー電子国税六法>

法律条文は読みにくい

スポンサード リンク

法律は、私達の生活に大きな影響を与えるものです。それなのに、決して身近なものとは言えないと思います。

それは、なぜかというと、法律条文を読むのが難しいからです。

まず、一口に法律といっても、その数は膨大にあります。どの法律を見れば良いかがわからないと、法律の勉強のしようがありません。


また、法律条文においては、法律条文特有の用語が使われます。それらの用語は日常も使われる言葉なので、慣れていない場合には、その日常の感覚で文章を読んでしまいがちです。でも、それは間違いです。

法律条文は、一見、現代語のように見えても現代語とは全く違うものだと思ってください。

学校で、古文を習った時に、「現代語で使う言葉なのに意味が違う」という経験をしている方も多いと思うのですが、法律条文も全く同じなのです。

実際には、法律条文は、まるで古文を読むような感覚で読んでいく必要があります。


さらに、経済法や税法等の法律では、法律条文で厳密に表現をしているため、今度は、法律条文が複雑になります。例えば、括弧が何重にも入り組んだり、法律条文自体が非常に長かったりするので、それはそれで、読みづらいものがあります。

法律条文を読むポイント

上でも書いた、法律条文を読むために通らなければならない関門をまとめると、次のようになります。

そこで、このページでは、これらの課題を解決するための方法を提供します。

こんな方はぜひ、当ホームページをご利用ください。

法律初学者の方→右側のメニューから順番に読んでいってください。
税法を学びたい方税法条文の読み方をどうぞ
条文が読みづらいという方
資格試験を目指している方
カラー電子国税六法をどうぞ

リンク集
法律 | 公認会計士 | 税理士 | 行政書士 | 社会保険労務士 | 司法書士 | 弁護士 | 弁理士 | ビジネスリンク1 | ビジネスリンク2
資金繰り | 会計事務所 | 節税 | 資金繰り | 会計事務所 | 節税

プライバシーポリシー